通勤日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京モーターショー

<<   作成日時 : 2017/10/30 21:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

初日の28日に行ってきました。


朝のうちは雨が降っていなかったので、2週間ハーレーに乗っていなかったので、点検もかねて行く前にエンジンを掛けようとしました。

しかし、スターターを押してもうんともすんとも言わず、バッテリーランプが点灯。キルスイッチをいじっても、ニュートラルを出し直してもダメ。
あきらめて医者に寄ってから、バス停に行くと9時半のバスにぎりぎりで乗れた。

着いたのは10時ちょっと前。いつものバス停から入り口につながるデッキに出てみると、会場への案内看板が会場と逆方向に向いている。気になりながら入場口に行くと、Tカードチケットは反対側の列と言われ、この列の後ろを回ってくださいと言われた。ここでやっと案内看板の意味が分かった。
500mほど列に沿って移動したが、柵はそこから駅の方に曲がってまだまだ先が長い。しょうがないので、人の列が切れたところでテープの下をくぐって、Tカードチケットの列に並びました。10時になると列は徐々に動き始め、10時半には入場できました。

画像


入場はしたものの、案内板を見たらお目当てのバイク関係は東の一番端の東新展示棟でした。

最初にホンダブース。

画像

ゴールドウイングです。

画像


モンキーはイメージどおりでしたけれど、やはり大きい。前モデルの玩具感が無いです。

スズキのバイクは、販売予定車と試乗用に人気のある隼、Vスト250、バーグマン400の展示だけでした。
みたかったアドレス125はすでに販売しているので販売店で見てね、問うことでしょうか。

画像


ヤマハはカタログの代わりに、コンセプトモデルと人気車種の名前をちりばめたステッカーを配布していました。
画像


新展示棟から移る前に、東サブゲート横にイートコーナーが有ったので、11時だったですが混みだす前に塩こうじ豚丼をいただきました。


東展示棟中央付近にBMWブースが有ったので、G310GSとRnineTに跨がってみました。エンジンはかかっていませんが、クラッチがどちらも軽かったです。

ハーレーダビットソンは西館でした。移動が大変です。

ハーレーは2輪は無く、置いてあったのはスリーホイーラーだけでした。
試乗した後ろにコンパニオンが乗って、撮影してくれるサービスを行っていました。

画像


子供の頃に行ったモーターショーでは、ステッカーを各部品・用品メーカーが大盤振る舞いをしていたのですが、今はほとんど配っていないですね。
配っていても、簡単なアンケート記入が条件で、粗品としてそのメーカーにちなんだものでした。
例えば、ベアリングメーカーは指に挟んで回す「スピナー」、ばねの会社は「階段を下りるスプリング」などでした。
一部のメーカーしか回らなかったので、全部見ればもっと面白いのも有ったんでしょうね。

結局、混んできたのと疲れたので13時には退場しました。
帰ってきてからHDのディラーに行き、朝のうちに連絡していた充電器を購入しました。

その日のうちに充電の準備をしようとしたのだけれども、雨が降ってきたので作業をやめてしまいました。
しかし、翌29日は雨が酷かった。それでも何とか午前中にセットをして充電を開始。
その日の夕方にはエンジン始動が出来るまでに充電が出来ました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京モーターショー 通勤日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる