袋田の滝

10月2日、家内と義母との3人で袋田の滝に行ってきました。
紅葉の時期は車も止められないほど混むとの事なので、
ちょっと早いのですがこの時期にしました。

西葛西を出発、首都高から常磐道へ。
途中事故渋滞で小一時間余計にかかったけど、
6時半に出発したおかげで10時前に到着。

町営の駐車場は遠いとの事でしたが、
滝入口まで徒歩10分でしたので、そんなに遠くはなかったです。

紅葉にはやはり早く、川沿いのもみじが若干色づいている程度でした。

画像


トンネル先のエレベータで最上階へ。
やっときました袋田の滝。大きいですね。
これで3大瀑布をすべて見ることができました。

画像


エレベーターで下に降りて、第一観瀑台へ。
滝を見るのはこちらからの方が、迫力があってよかったです。

吊橋をわたってお土産屋さんへ。
こちらからだとトンネルに入らないので、
無料で滝が見られますね。

やはりここに来たならとアユの塩焼きを食べて帰路へ。
と、思ったのですがまだ11時。
ちょっと寄り道で鵜の岬に向かいました。

ナビに任せてこR461を走行。
「小生瀬」の信号を右折し、しばらくは道幅も広く、
快適なドライブでしたが、急に道幅が狭くなり、
車のすれ違いも困難に。
後で地図を見たら、直進で県道を行くのが正解の様だったみたいです。

「折橋」の交差点を過ぎ、しばらく山道を行くと「秋そば」の看板が。
おなかもすいてきたので、入ってみました。(店の名前は忘れました。
店のわきにはいけすがあり、季節にはもみじがきれいだと思います。)

メニューはそばとおでん、それにもつ煮込みのみ。
そばのメニューの「キノコ」と「山菜」「けんちん」は
この時期にはないといわれ、仕方なく「マイタケ天ぷら」を注文。
確かにメニューには季節ものと書いてありました。
「キノコ」は10月後半からだそうです。

そばはちょっと太めですが、おいしかったです。
お店の方の話では、いけすで魚も養殖していたそうですが、
鷺に食べられてしまい、損失が大きいためやめたとの事でした。
そば一本勝負のこのお店、山菜の季節にまた寄ってみたいです。

画像


鵜の岬は風はちょっとありましたが、快晴で水もきれいで
義母も大変喜んでくれました。

9月中で有れば、鵜を採集する場所も見られたようです。

時間があれば「鵜来来(うらら)の湯」によりたかったのですが、
これは次回のお楽しみにしました。

帰りは渋滞もなく2時間弱で西葛西に到着。
充実した一日ですた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック