還暦旅行その2

還暦旅行の二日目です。快晴です。

宿から車で「九重夢大吊橋」に行きました。
ナビの誘導は湯布院の街中を抜けるルートでしたが、街中の歩行者混雑を避けるためグーグルナビで出たR210からK537でやまなみハイウェイに出るルートを選択しようとしたのですが、車のナビではそのルートは表示されません。しょうがないので、ナビに逆らって走行し、強引にK537のルートを表示させました。

夢吊大橋、大きいし高いですね。高所恐怖症の方にはちょっと無理かも。

画像


橋の上から日本の滝百選の「震動の滝」を探しましたが、二つ見える滝のどちらかが判らないと思っていたら、橋の中央に表示板が有りました。本当は三つの滝が見えるようです。写真では右が「震動の滝」です。

画像


ここから長者原ビジターセンターへ向かったのですが、この車のナビはなぜか道の細さを考慮せずに近道を選択するようです。今回も白鳥神社から集落内の細い道を選択しています。初心者だったら通れないですよ。ナビの開発者は運転が苦手な人を考慮してもらいたいですね。

ビジターセンターでは解説付きミニトレッキングがあるとの事で申し込んだら、参加者は私たち夫婦だけでした。
長者原湿原の解説をビジターセンターの方にしていただけました。(写真の左から二人目の方)
昨日野焼きを行ったとの事でしたが、雪が降ってきたため途中で中止となり、ところどころが焼け残っていました。写真の奥に見えるのは「三俣山」です。

画像


朝食を食べ過ぎてあまりおなかがすかないのですが、黒川温泉に向かう途中に有った「CHEZ Tani」でケーキセットをいただきました。

黒川温泉には13時に着いてしまいました。宿は「新明館」ですが、ここへの道も細いです。
宿に車を預け、観光協会に行き、町の案内図を貰い、時間つぶしで山の方への散策道で「出会いの辻」まで行きました。

画像

画像

画像


この宿は洞窟の湯が有名らしいです。二つの洞窟の湯の内、一つが女性専用、もう一つの洞窟の湯と露天風呂は混浴です。この三つとも近いのですが、脱衣場は別々ですが、外国の方はバスタオル1枚で洞窟の湯と露天風呂を渡り歩いています。女性の方も同じようにバスタオル1枚で出てきたのにはびっくりしました。
泊まった部屋から露天風呂への通路がよく見えるのですが、子供はすっぽんぽんで走り回っていました。

画像


夕食は部屋食でした。

画像


お刺身のタイは桜鯛と言っていましたが、湯布院(大分)も桜鯛と言っていましたが、二つ名が違っていました。

ついてくれた仲居さんは知識も豊富で、翌日の観光ルートの相談にも親身になって考えていただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック