私の愛車遍歴 その1

還暦も過ぎ、以前乗っていた車関係の思い出が思い出せるうちに、テレビの「愛車遍歴」じゃないけれど自分が関わった車、オートバイ等の思い出を書いてみます。

今の家の前は、昭和38年ごろに親父が立てた家でしたが、ちゃんと車庫は有りました。
家自身が台風時の出水に備えてかなり土台を嵩上げしてあったので、車庫も入口が急坂でした。
家をこのときに建替える前までは隣がタクシー会社で、よく遊びに行っていて修理の様子などを見ていました。

親父は免許を持っておらず、そうなると車も有りません。
しかし、近所の電気屋さんの息子さんに車庫を貸していたので、たしかサニーが駐車していたと思います。

その当時、近所のとびの息子さんがブリティッシュグリーンに塗られたプリンススカイライン2000GT、隣の水道屋さんがホンダZを乗っていました。

画像


画像


近所の空き地には放置車が有り、子供時は勝手に入り込んで遊んでいました。

高校生の時にクラスの友人がCB750を乗ってきて来ていました。たぶん1973年頃だったと思います。
私も2輪の免許が欲しくて親に言ったのですが、取らして貰えなかったです。
原付は内緒で試験場まで行ったのですが、この当時、鮫洲の原付の試験は午前中だけで、午後に行った私は受験できませんでした。2回も親に黙って行く訳にはいかず、高校生での免許取得はあきらめました。

免許は大学2年の時に普通免許を取りました。

大学の友人の中には車で通学してくるものも有り、結構その車でドライブに行っていました。たしか、ローレルとコロナであったと思います。コロナはコラムシフトでした。

大学2年まで寮にいたのですが、その時寮の仲間でシビックをレンタルしてマザー牧場まで行ったことが有りました。
しかし、その帰り道、運転していた友人が下りのカーブを曲がりきれずに側壁に激突。フロントを大破してしまいました。幸い乗っていた4人に怪我は無かったのですが、修理代と営業保証をがっちり請求されたのは覚えています。

そのほかにも九十九里に行く途中で運転交代を交代する為に助手席のドアを開けたら、自転車が激突してきたとかいろいろ有りました。

大学3年の時には先輩がブルーバード510を10万円で譲ってくれると言われたのですが、親の反対でダメでした。

画像


4年の時にはノーティダックをくれる人がいて、こちらはすんなり親のOKが出ました。

画像


色はオレンジでした。

その2へ続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック