金沢能登の二泊三日の旅 三日目

昨夜お世話になったホテルです。

画像


朝食の後、8時にホテルを出発。ひみ漁業交流館に移動して、昨日見学しなかった氷見の港を見学しました。

藤子不二雄A先生が氷見出身なので、あちらこちらに藤子不二雄ワールドが広がっています。

画像


画像


画像


ご実家の光禅寺には4人の像が有りました。

画像


小1時間町中を散策後、帰りの途に就きました。

R160からR8に入り、R472を通って小杉ICから北陸自動車道に入りました。

R472に曲がるころから雨が降り出し、R472に入ってすぐのコンビニでレインウエアを着用。
北陸自動車道に入ると結構強く雨が降ってきました。

ブーツは透湿防水使用だったため、最初はブーツカバーをしていなかったのですが、雨足が強くなってくると何となくつま先が湿っぽい感じがして、途中のPAでブーツカバーも着用しました。

新潟県に入ると雨が上がったため、名立立浜SAでレインウエアを脱ぎました。

上越JCTから上信越自動車道に入ります。

松代PAで残り300kmになったため、昼食と給油を行いました。

更埴JCTから上信越自動車道に入り、上里SAで休憩。

雨雲情報、友人のFBを見ると圏央道から都内側は雷雨のようなので、再びレインウエアを着用。

ここから先は多少の渋滞と豪雨がありましたが、新座料金所までは順調に到着しました。
しかし、新座料金所から外環に入るまでが全然進まず地獄でした。

美女木から首都高に入るルートが渋滞18kmと出ていたため、川口JCTから川口線に入りましたが、こちらも全然進みません。

14時自宅到着予定でしたが、到着は16時になってしまいました。
雨は相変わらず降っていたため、最低限の荷解きだけして、今回の二泊三日の旅は終了しました。

画像


三日間で走行距離は1,300.9km、給油量43.05L、平均燃費30.2Km/Lでした。

三日間で雨の降らない日はありませんでしたが、雨が降っていても装備をちゃんとしていれば結構走れるものなのですね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック