マンション購入(新築偏1)

何回かに分けて、マンション購入について個人的に思うところを書いてみたいと思います。

先ずは新築マンションから。

何を基準にマンションを選ぶか。新築マンションだと建設場所、間取り、値段、企画会社(デペロッパー)、建設会社(ゼネコン)などでしょうか。

優先順位は人によって異なるので、ここでは言及しない事にします。

建設場所

最寄の鉄道の駅から歩ける範囲にあるほうが良いですね。バスって割と時間がルーズだし、道路が込んだらどうもなりません。また、地方だと終バスの時間が早い所も有るので、注意が必要です。
自家用車で送迎して貰えば良いと思うでしょうが、夫婦共働きとか両方とかお酒を飲むようだと、結構面倒くさいですよ。
鉄道でも勤務地から1時間以内のところが良いですね。それ以上遠い場所だったら、一戸建てにしたほうが良いです。
建設予定地の地歴も知っておいた方が良いです。今はパソコンで今と昔の地図が比較できるソフトがあってべんりです。

http://ktgis.net/kjmapw/

これは埼玉大学教育学部の研究室で開発されたものですが、地図の読み方がわかる方なら、以前の土地の状況がわかるかと思います。

デベロッパー

これは大手5社(三井、三菱、住友、野村、東急)が手がけたマンションが将来的にも安心です。
これは自社内での品質管理体制、建物への保障もしっかりしています。その為、建物にトラブルが発生してもゼネコン任せにせず、デベロッパーの品質管理部門が必ず対応します。
これらのデベロッパーは系列の管理会社を持っていて、建物完成後はその管理会社に任せるようになるのですが、こちらの管理人の教育はしっかりしていて安心感がもてると思います。
中小のデベロッパーの場合、品質管理はゼネコンにお任せだったり、引渡後の保障も怪しい会社がたまにあります。竣工引渡直後に倒産してしまう会社もありますが、そうした場合、ゼネコンからの保障は基本的には有りません。
ゼネコンはデベロッパーと契約を結んでいるわけで、マンションを購入した方との直接契約関係にないですから。

次に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック