ミラノ慣らし2回目、3回目

ミラノの慣らし2回目は、10月13日、14日で行いました。 台風19号が夜半に過ぎ、朝が明けたら快晴。ニュースでは千曲川が氾濫と出ていましたが、佐久の畑も2週間様子を見ていないので、ミラノの慣らしを兼ねて行ってきました。 浜町から首都高に乗ったのはいいのですが、美女木で外環が通行止めで、圏央道の桶川北本ICから乗ろうとしたのですが、ダメでした。 国道254号線に出ようと、県道12号線に出て荒川を渡ろうとしたら、荒川の手前で道路が冠水していて通行止め。 県道57号線から県道33号線でやっと荒川を渡れました。でも、荒川もですが、そばを流れる「市野川」も氾濫寸前でした。 なんとか国道254号線に出たのですが、内山峠は危ないと思い、吉井から県道171号線で国道18号線に出ました。県道171号線から県道10号線に合流したちょっと先で、富岡方面の通行止めをしていました。 一応碓井旧道も覗いたのですが、通行止めになっていました。バイパスは随所から水が道路に流れて来ていて、バイクではスリップに注意が必要な状態でした。 中軽井沢を過ぎたあたりから渋滞気味だったので、信濃追分駅脇を通ってパラダ北斜面下を抜けて、昼前に佐久の畑まで来ました。 そしたら、親戚の方が来ていて、「壁が崩れた」と言われました。 建物を見たのですが、どこも壊れていない。ふと、畑を見たら、擁壁にしていたコンクリート塀が倒れてお隣の畑に土砂が流失していました。 お隣の方が、夜半に発見して、通報してくれたの事…

続きを読む