私の愛車遍歴 その5

バイクですが、八王子の現場に通っていた平成4年頃に、ホンダ「フリーウエイ」に乗り換えました。 スクリーンとトップボックスがついて、たしか25万円だったと思います。 これで中央高速を一度だけ走行しましたが、大きなスクリーンとトップボックスのおかげで横風に振られぱなしで怖い思いをしました。それ以来、このバイクで高速は走っていません。 娘たちが大きくなった平成7年頃、保育園仲間とキャンプに行くのに中で泊まれる車が欲しくなり、ボンゴフレンディに乗り換えました。 屋根が大きく開き、屋根部部分で寝るのは快適でした。 しかし、そのような使い方は年に1回か2回程度でした。現場に行って仮眠するにも、後ろの席を倒しての方が簡単な為、屋根を開けることはほとんど無かったです。 また、サイドの窓は電動のスクリーンが内蔵されていて運転席からも操作できるのも便利でした。 走りは、ディーゼルターボの為、ぐいぐいと加速し、四駆であったので冬はスタッドレスを掃けばどんな雪道も走っていくことができました。 しかし、背が高いので四駆であっても高速での横風には弱かったですし、冬に燃料に凍結防止剤を入れ忘れて佐久に行ったときは、燃料が凍って動かなく事が有りました。 平成13年頃から、ディーゼルは環境に悪いと石原都知事が騒ぎ出したため、今度はMPVに乗り換えました。 選んだ車種は2300で女性を意識したスポーツF。「F」は女性を意味するフェミニンの頭文字との説明でした。 …

続きを読む

私の愛車遍歴 その4

大学の時に譲って貰ったノーティダックスは、会社に入った時に大学の同期へ譲ってしまいました。 しばらくバイクは無い生活でしたが、妹が何を思ったのかハミングを購入。 買ったは良いものの、ほとんど乗っていないので、1983年ごろに新宿の現場に行っている時、通勤用につかわさせて貰いました。 しかし、このハミングですが、最後はどうしたのか記憶が無いです。 たしか、1986年ごろに同じ町内にあったバイク屋さんからリードを購入しました。 たぶんこの形だったと思うのだけれども、この前の形かもしれません。 1988年、結婚をして子供が生まれたのを機にマニュアルからオートマにしました。 カペラ「CG」です。 この当時のカペラは4WSもあったり、いわゆるスーパーチャージャーの一種を取り付けたディーゼルが有ったりと結構面白い車でした。 1988年ごろは王子までリードで通っていたのですが、原付の30km/h規制がかったるくなり、高校の時からの夢だったバイクの免許を取りました。 この時代は教習所で取得できるのが中免までで、大型は夢の又夢でした。やはり無理言って高校の時に取っておけばよかったです。 バイクはできるだけ近い店が良いと考え、今もお付き合いしている「ガレージボックス」さんから購入しました。 当時は中古車が主で、いろいろなバイクが有りました。 AX-1,GB250「クラブマン」かVTZ250で迷ったのですが、足が楽につくVTZ25…

続きを読む

私の愛車遍歴 その3

1981年夏頃、江戸川の蔵前通りを走っていたらやたら安い値段がついたRX7が展示されていました。 値段を見たら90万円!他のRX7の展示車は120万円位でした。 しかし、オートマ。パワステもパワーウインドウも無い。色は赤。 結局、買っちゃいました。 この当時のオートマは3速でオーバードライブが無かったのですね。 燃費は街中で5km/L、高速に乗れば7km/L位はいったかもしれません。 家から世田谷の現場に通っていた時は、4日で1回給油していました。なにせタンクの容量が小さいので、200km走ったら給油が必要でした。 自宅の車庫に入れるのにバックで入れようとすると、フロントの下を擦ってしまうので常に頭から入れていました。 燃費の問題、リアシートにひとを乗せられない事などから、1年ぐらいで買い換えてしまいました。 次は燃費のいい車が良いかと、RX7の点検等でお世話になった近所のマツダに車を見に行きました。 その時の担当者川崎さんが親切な方で、川崎さんが店を変わっても定年退職まで自分の車は川崎さんにお任せしてしまいました。その為、RX7以後はずーとマツダです。 薦められたのは5代目のファミリアハッチバックでした。 家族で乗ることを考えて、5ドアハッチバックを選択しました。 リアハッチにはオーストラリア製のバイザー、ヘッドライトにも虫除けのアクリルカバー、ハンドルはRX7用の皮巻ハンドルを取り付けて楽しんでいました。ミラーもドアミラ…

続きを読む

私の愛車遍歴 その2

大学を卒業した1979年夏、大学の友人たちと島根の美術館を見に行こうと話がまとまり、宇都宮にいる叔父から出たばかりの日産バネットを1週間借りました。 この車、ワンボックス初のオートマ車と言うことでした。エンジンは1400ccだったかな。 なにせ、5人乗って中国道の上り道で100km/hをキープできなかったのが印象的でした。 萩の宿で、宿の人に鍵を預けたのですが、コラムのオートマは初めてとの事で運転できず、こちらで駐車場への移動等は行いました。 ただ、対面シートで後ろ向きの人は酔い易いですね。友人一人もダウンして、シートは前向きに直しました。 高校の友人が航空大学を卒業して1年早く成田空港に就職していたので、カローラハードトップを購入していました。 同じ年の春に、西伊豆の雲見にこれに4人乗って行ったら、宿の前の急坂を登れない思い出があります。 同年冬、ボーナスと貯金を握り締めて、後楽園球場でやっていた中古車フェアに高校の時の友人二人を連れて、マイカーの算段に行ってきました。 予算50万円で買えたのがこのチェリーFⅡです。 色は紺。1200ccでエアコン、パワステ、パワーウインドウ無し。 前述のカローラと山梨から秩父に抜ける道を走ろうと2台で地図を片手に走ったことも有ります。 当時はわけもわからないまま大弛峠、三国峠を抜けたのですが、周りは四駆かオフロードバイクだけしか走っていませんでした。山梨側から大弛峠への道も今と違って…

続きを読む

私の愛車遍歴 その1

還暦も過ぎ、以前乗っていた車関係の思い出が思い出せるうちに、テレビの「愛車遍歴」じゃないけれど自分が関わった車、オートバイ等の思い出を書いてみます。 今の家の前は、昭和38年ごろに親父が立てた家でしたが、ちゃんと車庫は有りました。 家自身が台風時の出水に備えてかなり土台を嵩上げしてあったので、車庫も入口が急坂でした。 家をこのときに建替える前までは隣がタクシー会社で、よく遊びに行っていて修理の様子などを見ていました。 親父は免許を持っておらず、そうなると車も有りません。 しかし、近所の電気屋さんの息子さんに車庫を貸していたので、たしかサニーが駐車していたと思います。 その当時、近所のとびの息子さんがブリティッシュグリーンに塗られたプリンススカイライン2000GT、隣の水道屋さんがホンダZを乗っていました。 近所の空き地には放置車が有り、子供時は勝手に入り込んで遊んでいました。 高校生の時にクラスの友人がCB750を乗ってきて来ていました。たぶん1973年頃だったと思います。 私も2輪の免許が欲しくて親に言ったのですが、取らして貰えなかったです。 原付は内緒で試験場まで行ったのですが、この当時、鮫洲の原付の試験は午前中だけで、午後に行った私は受験できませんでした。2回も親に黙って行く訳にはいかず、高校生での免許取得はあきらめました。 免許は大学2年の時に普通免許を取りました。 大学の友人の中には車で通学してくるものも有り、結構その車…

続きを読む